Go to ONLINE SHOP

VOICE #02

デニムなのにカジュアルすぎない。いつだってさまになるBINGOのベッドリネン。

ライター
外山夏央

16.Oct.2019

酷暑の夏を懐かしく思うほど、涼しい夜が増えました。
ふとんを引っ張り出してきて、BINGOのベッドリネンをかけて。
私の部屋も、すっかり秋仕様です。

広島県の備後地区で作られたBINGOのベッドリネンは、
デニム生地でありながら、しっとりなめらか、
くたっと肌に吸いつく心地よさがあります。

 

「眠ること」を意識したいベッドまわりだから、
落ちついたブルーのカラーリングでまとめて、
一日を丁寧に終わらせたいと思っています。

 

とはいえ、ベッドだけが浮いてしまうのはイヤ。
その点、BINGOのsky(淡いブルー)は、ちょうどいい。
「ナチュラル、シンプル、北欧」をテーマにした私の部屋に、
春夏秋冬、どんな季節もさまになってくれます。

 

上掛けのブランケットを、
素材や色味など、シーズンごとに工夫すれば、
たちまち、BINGOが部屋の顔になる。
BINGOシリーズ、オススメです。