Go to ONLINE SHOP

MY YARN #01

カビ、ニオイ、雑菌、黄ばみが丸ごと落ちる。ふきんの「煮洗い」に挑戦。

YARN HOMEデザイナー
荒川祐美

2.Sep.2019

消臭、殺菌、漂白効果が高い「煮洗い」とは?

キッチンで活躍するふきん。お皿拭きに使ったり、
テーブルを拭いたり、ときには野菜拭きとに使用することも。
ふきんは、口に入れるものと常に隣り合わせ。
だからこそ、雑菌やニオイには人一倍気を遣いたいですよね。

そこで、消臭効果、殺菌効果、
漂白効果があるとされる「煮洗い」に
挑戦してみることにしました。

「煮洗い」は、重曹を加えて煮ながら洗う洗濯方法です。
熱湯で煮るわけですから、
確かに消臭効果と雑菌効果は期待できそう。
そこに加えて、
漂白効果もあるというから驚きです。
漂白するためには、「塩素系漂白剤」を
使うことが多いですが、
色落ちや肌荒れといった懸念がつきまといます。
さらに、繊維を傷つけて吸水性を損なうことも。
でも、「煮洗い」は重曹だけ。
そういった心配が一切ありません。

 

「煮洗い」の手順

では、さっそく煮洗いをはじめます。

準備するものは、以下の4点です。

●鍋(ステンレスやホーローなど)
●ボール
●重曹
●トング

洗うものは、YARN HOMEのふきんやタオルなど3枚です。
煮洗いは、綿や麻の素材が向いています。
今回はキッチンまわりの布ものを洗いますが、
Tシャツやバスタオルなども同様の方法で、
同様の効果が得られるとのことです。

 

煮洗いの手順
(1)鍋に水を入れて、お湯を沸かします。
(2)そこに重曹を加えます。水1リットルに対して、大さじ1程度入れます。
(3)ふきん類を加えて煮ます。3〜5分くらいが目安です。

(4)煮終わったら、トングでふきんを取り出します。

(5)ボールに入れて、たっぷりの水でよくすすぎます。

(6)絞って干します。天日干しなら、さらに殺菌効果が高まります。

 

もし汚れが気になる場合は、水でそそいだ後に、
仕上げとして洗濯機洗いをプラスするとよいでしょう。

 

思ったより簡単。だから、習慣化できる。

実際にやってみると、思ったより簡単で驚きました。
やってみる前は、「面倒かな?」「いろいろと気を使う点が多いかな?」と
心配していたのですが、重曹を加えて煮るだけですから、
週に1回、いいえ、それ以上にできるなと思えました。

なにより、ニオイも、カビも、雑菌も、
黄ばみまでも取れるということが、とっても嬉しい。
一石四鳥ですよね。薬剤を使わないので、
素材が傷つかないところも気に入りました。
ふきんやタオルを、これまで以上に長く大切に愛用できるようになりますよね。

みなさんもぜひ、「煮洗い」を日々の生活に取り入れられてみてください。簡単です!

参考:女性の美学「煮洗いは究極の洗濯!半乾きのイヤな臭いも消えて真っ白に!」

https://josei-bigaku.jp/nioiniarai4423/