OUR STORYのこと

OUR STORYのページは、

HPの中でも特に思い入れの強いページです。

 

約一年前に熊本の紡績工場を訪問しました。

紡績について何もわからない私に、

一から丁寧にわかりやすく説明していただき、

「糸」が出来るまでにこんなにも工程を重ね、

機械を動かす人の裁量で仕上がりが変わることを知りました。

 

これまで紡績工場、織物工場、染工場、おふとん工場、

タオル工場…様々な熟練された方々のお仕事を見させていただきました。

 

YARN=糸

を意味しますが、この糸は様々な人の手により、

表情豊かに形を変えていきます。

 

私たちが何気なく使っているものたちは、

いろんな人の思いや努力が詰まって詰まって

重なり合ってできたものだったんだ、と改めて感じます。

 

ブランドロゴは、そんな「重なり」や「つながり」を

イメージして作っていただきました。

 

話は戻り、熊本の紡績工場見学をした際に

その工程をレポートにして伺った会社様にお渡ししました。

先日、一年ぶりにお会いした時にさっとそのレポートを出し、

拙い私の文章を褒めてくださるのです。

まだ大切に持ってくれていたこと、覚えてくださっていたこと

その両方に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

震災被害を乗り越え、まだ本調子ではない機械たちとともに

復興に向けて動いてらっしゃる様にも胸が熱くなりました。

人との出会いに改めて感謝しました。

 

私の周りの素敵な方々のお話を、

少しでも多くの人に届けることができたら。

ものづくりの現場をYARNとして紹介したい、

レポートではなく、インタビュー形式で

生の声を文字にしています。

 

BLOGではOUR STORYの番外編として、

感じたことを伝えていけたらと思います。

 

紡績レポートの中身は改めて。